火葬の歴史

invitation

現在の日本では、火葬が一般的です。葬儀は人類が誕生した時から既に行なわれていますが、火葬が普及したのは戦後のことです。普及する前は、火葬ができるのは一部の貴族だけだったのです。

» この記事を読む

費用総額と内訳

flowers

通夜・葬儀・告別式にかかる費用は、結婚式・披露宴にかかる費用とほぼ同じと言われています。具体的には200万円〜400万円です。細かい内訳を知っておくと、トラブルを事前に防ぐことができます。

» この記事を読む

仏式葬儀の費用

salute

葬儀費用は、葬儀内容や規模によっても異なります。仏式葬儀の場合は、基本セットの費用とセレモニースタッフの人件費を業者に支払います。仏式葬儀の費用は、総額で約100万円ぐらいです。

» この記事を読む

家族だけの葬儀

スムーズに対応するには

flowers

近年、家族葬を選択する方が増えています。一般葬と呼ばれる葬儀では、親戚や友人知人、会社関係など故人やその家族とかかわりのある大勢の方が参列するのに対し、家族葬とは家族のみで執り行う葬儀のことです。大切な家族を亡くした後はいつも通りの精神状態というわけにはいきませんが、通夜・葬儀の準備も必要です。あわただしい中でよりスムーズに対応するには、事前の準備が重要です。 どういった葬儀にも共通しますが、事前にどの葬儀社に依頼するのか決めておくことです。いずれは喪家となる事態がくるため、予め葬儀者の情報を集め、吟味しておくことは無駄になることはありません。また、家族葬の場合は親戚に同意を得ておくとなおスムーズです。あわただしい中での時間の節約にもなりますし、事前に行うことで冷静な状態で話ができるのも大きなメリットです。

費用を明確にするには

家族葬のニーズが高まると同時に、葬儀各社でも家族葬専用の葬儀プランを用意しています。少人数で執り行う家族葬は一般葬にくらべ費用が抑えられることから経済的なメリットを重視して選択する方も増えています。それに合わせ、格安での葬儀を可能とするプランも多数登場しているため、多くの選択肢が用意されているような状況です。 葬儀プランを利用する場合は、必ず追加費用の確認をしておきましょう。最低限必要なものはプランに含まれている反面、最低限のものしかないため容易に追加費用が発生します。そのため、すべて終えた後に請求書を見ると、予定していなかった額を請求されるというケースも少なくはないのです。それでは経済的なメリットはチャラになってしまいます。予めどういった場合にいくら費用が追加されるのか詳しく確認しておくことで、悔いのない形で故人を送り出すことができます。