仏式葬儀の費用

お葬式で必要になる費用

salute

お葬式をするとかかる葬儀費用の内訳と相場を見ていきたいと思います。一般的な仏式葬儀を挙げる場合、仏式葬儀に必要な基本セットの費用とセレモニースタッフの人件費を葬儀業者に支払いまます。プランに含まれるサービス内容によって違いますが、一般的に約100万円くらい、小規模な家族葬で50万円くらいが相場です。 お通夜や告別式で必要になる弔問客への接待費が、人数に応じて約20万円〜30万円ほどがかかります。また、火葬施設の使用料が5万円〜10万円ほど、斎場の使用料が10万円〜20万円ほど必要になります。さらには読経をしてくれた僧侶に読経代などのお布施をする必要があり、これが約10万円〜40万円くらいします。

日本におけるお葬式の歴史

日本においては仏式葬儀が主流となっていて、埋葬法は火葬が常識となっています。日本で仏式葬儀と火葬が行われるようになったのは仏教が伝来してからですが、それ以前は土俗的なお葬式が行われていました。 日本で一番古い埋葬の記録は縄文時代までさかのぼります。その時代の遺跡から「屈葬」と呼ばれる足を折り曲げて胸の前で折りたたんだ形の縄文人の遺骨が発掘されています。死者の魂が逃げないように体を折り畳んで埋葬していたという説が有力です。 弥生時代になると一般的に土葬が行われるようになり、今の墓石の原型のようなものも誕生しています。鎌倉時代には火葬と仏式葬儀が行われるようになり、火葬をした遺骨を骨壺に入れて埋葬する習慣も生まれました。