火葬の歴史

日本の葬儀と埋葬の歴史

invitation

人類が誕生した当初から何らかのかたちで葬儀というお別れの儀式が行われていたと推測されます。日本においては、縄文時代の遺跡から発見された遺骨が、屈葬というかたちで埋葬されているのが発見されています。死者の魂を封じ込めるために体を折り曲げるかたちにしていたそうです。 今の日本では火葬が当たり前になっていますが、火葬が普及したのは実は戦後になってからのことです。火葬が始まったのは700年ごろと言われていますが、当初火葬ができるのは一部の貴族だけでした。その後一般的に普及した時代もありましたが、政府によって禁止された時期もあり、しっかりと定着したことはありませんでした。今では火葬が普及し、東京都内では100%の人が火葬をしています。

今後のお葬式の動向について

ちょっと前まではできるだけ豪華な葬儀をするのが死者に対する供養になるという考え方がありました。しかし、今の時代、そうした考え方は古いものになっています。最近の流行りは、こじんまりとしたお金をかけずに行う葬儀です。葬儀にお金をかけないというと、昔の人なら「罰当たり」と非難するかもしれませんが、今はお金をかけないでお葬式をすることを望んでいる人が多くなっています。 残された遺族に経済的な負担をかけたくないと思っている人が多く、自分でどんなお葬式をしたいのかを具体的に決めておく終活をしている人もいます。そんな需要に応えるように、低料金でできるシンプルで格安なプランを提案している葬儀業者も増えています。