費用総額と内訳

お葬式にかかる費用の相場

flowers

葬儀費用の内訳を見ていくと、葬儀会社に支払う仏式葬儀に必要な祭壇や棺などの費用とスタッフの人件費が100万円、そして僧侶に支払うお布施代が40万円、通夜通しや告別式料理などの接待費が30万円、セレモニー会場のレンタル料が20万円で、これだけでも190万円します。実際に全国平均はトータルで199万円というデータがあります。ローンでの支払いも可能ですが、かなり莫大な出費になることは覚悟しておく必要があります。 ただし、これは一般的なお葬式を行った場合で、一日葬や直葬なら50万円以下に抑えることが可能です。

生前に見積もりをもらっておこう

急に身内が亡くなって、とりあえず依頼した葬儀業者に提示された見積もり金額が、あまりの大きな金額なのにびっくりする人が多いそうです。そしてほとんどの人が身内がなくなったショックもあり、とにかく早くお葬式をあげたい一心で葬儀業者に言われるがままのプランでお葬式をします。 そうなるのを防ぐために、事前にどの葬儀業者に依頼してどんな葬儀をするのか決めておくことをお勧めします。生前にどんな最後を迎えたいのかを家族で話し合うことは、今はタブーではなくなっています。自分で自分の最後をプロデュースする「終活」もブームです。葬儀業者によっては生前でも葬儀費用の見積もりを出してくれるし、一括見積もりサイトもすぐに見積もり金額が分かるので便利です。